2006年11月28日

Vol6:「ワット・ポー・・・そして言葉の壁。」

今日は仕事が休みとの事。

「どこに行きたい?」と彼。

「寺院に行きたい!!」

前から一度は行きたい場所だった。

思わず、三島由紀夫の「暁の寺」が脳裏にやきついた・・・。

天候は快晴・・・・。

私たちは片手に絞りたてのオレンジジュースを飲みながら

ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワットアルンを目指した。



私が一番印象に残ったのはワット・ポーだ。

写真では見たことはあるものの黄金に光る大寝釈迦仏が

横たわっていて、全長46m
!!


正直ピシタのことを忘れるほど(笑)寺院巡りを満喫していた。

昼食を済ませ、ベンチでひと休み。


「チヒロ・・・明日、日本に帰るの?帰らないで・・・。」

切なかった、私だって帰りたくない気持ちでいっぱいだった。

「どうして、一人で旅をするの?友達いないの?」

「ねぇ・・、なんで台北からバンコクに来たの?」

「台北に彼氏がいるんでしょ?!」

「僕を騙してるのかい?」



気がついたら質問攻め状態だ。

タイ語話せないし、英語で上手く説明出来ず困っていたのだが

気温が どんどん上がり睡眠不足の私にとっては辛かった。


「ピシタ、ゴメンね。ホテルに帰って休みたいの。」

「どうして?」

「なんで質問に答えないの?隠してることあるの?」

言葉の壁にぶつかった瞬間だった。

ピシタは悲しい目をしていた。

この記事へのコメント
業務連絡です。
ちひろさん

もし、このホームページを見るチャンス
があったら札幌タイドットコムに連絡
してください、その際新しいメールアドレス
も教えてください

札幌タイドットコムより
Posted by WEBMASTER at 2006年11月28日 23:27
ちひろさん

毎回楽しみに見ております。

次はど〜なるの?といつもドキドキしながら

今後の展開を空想してます。

はやく、はやくつづきを教えてくださいな
Posted by ちゅーりっぷ at 2006年12月22日 16:42
サムットさん、ご無沙汰してました。4月に日本に戻るつもりです。近いうちに電話します。
Posted by ちひろです。 at 2007年03月02日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1859659

この記事へのトラックバック